カタログ利用方法

coreblo-CMSのカテゴリ管理からサイトマップを編集する方法について。

適用した無料デザインテンプレートサイトを編集します。
まずはサイトマップの変更作業を「coreblo-CMS」のカテゴリ管理から実施します。

coreblo-CMSのカテゴリ管理からサイトマップを作成。

STEP01 coreblo-CMSへログインをします。

STEP01 coreblo-CMSへログインをします。
無料デザインテンプレートサイトの適用が完了しましたら、次に「coreblo-CMS」にログインいたします。
coreblo-CMS」へのログインアカウントは、coreblo-CMS for ASP若しくは専用デモサイトへお申込みの場合は、当社よりご案内させていただきます。
ライセンスでの提供。専用ASPサービスの場合は、ドメインを作成した管理者の方にご確認ください。
coreblo-CMS」へログインをおこなうと、コンテンツ管理画面へ遷移します。

STEP02 カテゴリ管理を選択します。

STEP02 カテゴリ管理を選択します。
コンテンツ管理画面上部にある、「カテゴリ管理」を選択するとサイトマップを作成する事ができるカテゴリ管理画面に移動します。
無料デザインテンプレートは、上記図のようにサンプルサイトマップが既に登録してある状態です。
左のカテゴリ一覧から編集したいメニューをクリックしてください。
画面右のカテゴリ情報に登録内容が表示されます。後は正式な名称を入力してください。

※メニューの階層変更する場合は、メニュー横のラジオボタンにチェックを入れて入力してください。
※階層構造は最大5階層まで登録可能です。

カテゴリ管理にある、メニュー一覧と実際にホームページ上に掲載されているメニューとの関係性は、上図のようになります。
第1階層に登録されたメニューは、ページ上部のグローバルナビゲーションとして表示されます。
第2階層以降のメニューは、グローバルメニュー選択時にサイドに表示されるナビゲーションに表示されます。
実際に制作されるサイトの内容に合わせて、自由にメニューを作成してください。

※無料デザインテンプレートでは、グローバルメニューは7つで設定しております。
グローバルメニューの数に増減がある場合は、デザイン管理にてCSSの編集が必要な場合がございます。
※その他のカテゴリ管理に関する設定方法については、「coreblo-STYLE」をご確認ください。

メニューの登録が完了すれば、サイトマップの作成は完了です。
カテゴリ管理で登録された内容は、自動的にフッター部分のサイトメニュー。サイトマップ、パンくずに反映されます。
PageTop