カタログ利用方法

お問い合わせフォームの設定について。

各ページのコンテンツ記事の編集が終わりましたら、次にお問合せフォームの設定を「coreblo-FORM」の管理画面から行います。

coreblo-FORMからお問合せフォームの設定をおこないます。

STEP01 coreblo-FORMへアプリケーション移動をします。

coreblo-CMS管理画面の右上にある、アプリケーション移動から「FORM」を選択しアプリケーション移動ボタンをクリックしてください。
お問合せフォームの編集画面が表示されます。

STEP02 お問合せフォームの項目の編集をおこないます。

coreblo-FORMの管理画面へ移動後、編集ボタンをクリックしてください。
入力フォームの各種設定をおこなう画面へ移動します。
ページ作成
お問合せの入力画面、確認画面、登録完了画面の各コメントや装飾などを自由に設定をおこなう機能です。

フォーム詳細設定
お問合せフォームの入力項目の編集をおこなう機能です。

CSS編集
お問合せフォームのデザイン調整をおこなう機能です。

サンクスメール設定
お問合せ完了時のサンクスメールのメール文章の編集をおこなう機能です。

管理者メール設定
お問合せ完了時の管理者宛の通知メールのメール文章の編集をおこなう機能です。
 
(1) ユニット一覧
coreblo-FORM」は、入力項目の内容を自由に作成する事ができます。
入力項目の種類の変更や追加・削除は「入力項目マスタ管理」から簡単におこなう事が可能です。
「入力項目マスタ管理」で追加された各種項目は、ユニットという形でユニット一覧に配置されます。

(2) ユニット配置エリア
一行入力・複数行入力・チェックボックス・ラジオボタン等、様々な入力項目を自由に配置するエリアです。
ここで配置された順序でお問合せフォームの作成されます。

(3) ユニットのプロパティ
各種項目毎に、必須入力の設定。公開サイト側へ表示する項目として設定するか等のプロパティの編集をおこないます。専用ASPサービス・ライセンスでの提供の場合は、入力内容をDB保持する事が可能ですので、非公開設定を利用する事により、管理者のみの編集項目を作成する事も可能です。

STEP03 メールテンプレートの編集をおこないます。

サンクスメール設定・管理者メール設定から、「件名」「差出人名称」「差出人メールアドレス」「送信先メールアドレス」「メール本文」の設定をおこなう事ができます。
サンクスメール設定の際は、フォーム詳細設定のユニットプロパティ設定にてメールアドレスを必須にする必要があります。メール本文中に入力内容を反映させる場合は、設定画面下に記載されている「置換文字」を登録してください。

STEP04 お問合せ画面のページ設定をおこないます。

ページ作成画面では、入力画面・確認画面・登録完了画面に様々な装飾を設定できるようになっております。
無料テンプレートの、上部サンプルテキストや、入力フロー図、エラー時コメント、登録完了時コメントは全て、このページ作成画面から設定できるようになっております。

全ての設定が完了しましたら、お問合せフォームの設定は完了です。
複数のお問合せフォームを設定する場合は、新規フォーム登録、若しくは既に登録されているお問合せフォームをコピーし、同様の設定をおこなった後に、CMSのデザイン管理上で配置設定をおこないます。

デザイン管理の操作方法は、ヘルプサイト「coreblo-STYLE」をご覧ください。
PageTop